HOME » 自分で遺品整理をするデメリット・遺品整理業者に依頼をするメリットは?

自分で遺品整理をするデメリット・遺品整理業者に依頼をするメリットは?

遺品整理について

遺品整理とは、亡くなられた方が残した遺品を整理して、お部屋を綺麗に清掃することを言います。遺品処理、遺品処分、遺品回収などとも呼ばれています。

マンションや賃貸物件の場合だと、家主に部屋を早めに引き渡す必要があるので、亡くなられてからすぐに、遺品整理に取り掛からなければなりません。

しかし、故人が使っていた生活雑貨や衣類、思い出の品々や家電製品を整理するのは、過去の思い出が蘇り悲しみが深まるので、精神的にも体力的にも負担が大きいです。

自分で遺品整理を行うといろいろ大変

遺品整理を自分で行うこともできますが、業者に頼むかどうか悩まれる方もいます。そこで、遺品整理を自分で行うデメリットと、遺品整理業者に依頼をするメリットをご紹介するので、いざというときに役立てて下さい。

メリット

業者に頼まず自分で遺品整理を行うので、費用を抑えることできます。さらに、誰の手にも触れられず自分だけで丁寧に遺品を整理することができます。第三者の介入がないので、トラブルがないのもメリットです。

デメリット

故人が使用していた遺品を整理すると言うことは、精神的負担がとても大きいものです。丁寧に整理をしたいがために自分で作業をすると、故人を亡くしたツラい気持ちと思い出が蘇り、思うように整理がすすまなくなります。

さらに大型の家具の場合だと、大型の冷蔵庫、洗濯機の処分、タンスの中の不用品分別、など一般の人では容易に終わる作業ではありません。

地域によっては、処分の方法に決められたルールが設けられているので、手間がかかる場合があります。また、部屋から大型の家具を運び出すのも人手が必要になり、精神的負担の上に、体力的負担がかかってしまいます。

遺品整理業者に頼むと安心

「悲しみから抜け出せないので遺品整理にまで手が回らない」「とにかく早く片付けたい」「色んな事情があるのでひっそりと作業をしてほしい」「遠方に住んでいるため現場の立ち合いができない」

という方は、遺品業者に依頼をすると迅速に希望通りの対応をしてくれます。ほとんどの業者は基本的に「近所に気付かれない、迷惑をかけない、静かな作業、秘密厳守」というルールの上で作業を行います。

作業員はただの作業ではなく、供養の気持ちをもって整理処分を行います。丁寧で配慮のある行為は遺族から感謝されることも多いです。

生前整理

「生前整理」という言葉を聞いたことがありますか?これは簡単に言うと、遺された遺族に負担をかけないように、元気な間に部屋の整理・掃除をすることです。ここでは、「生前整理」について詳しくご紹介します。

>生前整理の必要性~遺された家族のために~

葬儀後に必要な手続き

遺品整理以外にも、故人の加入していた保険や、所有していた不動産などの手続きをする必要があります。その他にも、膨大な量の手続きを行う必要があるので、遺族だけで全ての手続きを済ませるのは、負担が大きいかもしれません。ここでは、遺族がするべき手続きに関する情報をご紹介します。

>遺族が整理するべき手続き