HOME » 騙されないための遺品整理ガイド » 自分で遺品整理する際のコツ

自分で遺品整理する際のコツ

家族や親戚が亡くなった場合、本人の持ち物を整理したり、捨てたりすることを「遺品整理」と言います。 生前に「残しておいてほしい」と託された物についても、どのようなかたちで残すかが家族にとっては重大な問題となります。 今回は、この遺品整理を自分で行う際のコツ・ポイントについて見ていきたいと思います。

遺品の仕分け方法

仕分けの方法の基本としては

「捨てるもの」
「捨てないもの」
「捨てるか残すか迷っているもの」

の3つに大まかに分けておきます。3つの箱もしくは入れ物を用意し、それぞれに遺品を仕分けしていきましょう。

捨てるもののうち、周囲からのアドバイスで売却を検討するものが出てくる可能性もあります。その場合は、捨てないものの箱に入れておきましょう。 捨てるものについては、燃えないゴミなどの分別をせずに、まずはどんどん箱の中に入れていきます。一度捨てると決めたけれど、譲ろうか残そうか迷うものが出てくれば、迷っているものの箱に入れ直しましょう。

可能なかぎり捨てるものから率先して選んでいきたいところですが、少しでも迷うものは、迷っているものの箱に入れておきます。 この一連のプロセスを繰り返していくことによって、遺品の仕分けは進んでいきます。

なお、故人の家具や家電製品などまだ使えそうなものは、無理に捨てる必要はありませんが、TVなど何台も所有しているようなものについては、無理にとっておく必要はないかと思います。

断捨離をする場合

故人の遺品整理において、「断捨離」を行う場合は、部屋にものがほとんど無くなる状態を目指して、積極的にものを処分していきます。 断捨離においては、譲渡や売却などは考えずに、捨てられるものからどんどん捨てていきます。ものの数を減らしてすっきりとさせることを重点的に考えるようにします。

リサイクルや売却を考える場合

故人の洋服や靴、あるいは雑貨など、まだ使えそう・売れそうなものについてはリサイクルや売却に出すこともできます。 ただし新品の状態、あるいは新品に近い状態でなければ買い取ってもらえないケースもありますので、あらかじめ複数の買取業者を選んでおき、売るものの「状態」もしっかりとチェックをしておきましょう。

コレクション品について

故人の集めていたコレクション品などは、ものによっては高額な値段がつくことがあります。何をどのように売れば良いか分からない場合は、家族など周りの人に相談しながら、インターネットを活用して売却方法を検討していきましょう。

コレクション品の売却先には遺品整理業者・買取専門店・フリーマーケット・オークションなどさまざまな手段がありますので、まずは保存ではなく売却先の検討から先にされることをおすすめします。

心の整理がついてから行う

遺品整理には、特別な決まり事はありません。生前に故人が愛用していた物でも、いつまでも取っておけないと判断した物については、処分・譲渡・売却のいずれかを選択することになります。 遺品は故人を象徴するものですから、気持ちが落ち着くまではしばらくそのままにしておいても良いかもしれません。中には膨大な時間と手間がかかる場合もありますし、掃除と並行することによって何日も整理に時間がかかる可能性もあります。

葬儀の期間中やその直後などは、なかなか気持ちの整理がつかないこともありますので、故人の死を受け入れられるようになってから遺品整理を行うようにしましょう。