HOME » 騙されないための遺品整理ガイド » 遺品整理は生前予約でも対応してもらえるの?

遺品整理は生前予約でも対応してもらえるの?

故人の持ち物やコレクション品などを処分、もしくは遺族の元に返す「遺品整理」は、故人に限らず生前から行うことができます。

生前に遺品整理を予約する場合には、遺品整理を専門とする業者に前もってご本人が予約をしておき、残してほしいものとそうでないものを伝えておくようにします。

生前の遺品整理を依頼する理由としては、自分の死後に家財道具を整理してくれる人が見つからないといったケースが多いのですが、中にはお子さんやご家族の手をわずらわせないために、第三者に遺品整理を依頼する方もいらっしゃいます。

理由は依頼者それぞれで異なりますが、遺品整理を前もって依頼しておくことで、死後に遺族に迷惑をかけたり、思わぬトラブルを避けることができます。

遺品整理を生前から予約する場合の流れとしては、生前予約が可能な遺品整理業者を探し、依頼者ご本人自ら連絡をして、遺品に関する見積もりを取ってもらいます。

申し込みを行ってから実際に担当者が依頼者のご自宅に伺い、家財道具や家電製品、貴重品や資産価値のある品物の有無について拝見し、その場で見積もりを行います。その後、依頼者と具体的な段取りについて話し合い、依頼者が納得できるまで説明を行います。

引っ越しの際の見積もりとも似ているものですが、遺品整理業者の担当者は、自宅にある品物(将来遺品となるもの)の総量や作業に必要な人数、所要時間などを鑑みて見積もりを算出します。また、リサイクルが必要なものや、ご遺族に譲り渡す品物についても詳しく下調べを行います。

依頼者の希望によっては、作業代金を前納することもできます。その際は「覚書」と呼ばれる書面を作成し、依頼者と遺品整理業者の間でそれぞれ保管します。

業者と依頼者の間では見積書と覚書をそれぞれ作成することになりますが、これらの書面は依頼者が亡くなってからも残さなくてはならないものなので、後継者であるご遺族にも分かる場所に保管しておく必要があります。

生前に遺品整理を予約するメリットとしては、残したいものとそうでないものを明確に選り分けられるということ、またご遺族の中で「この人にこれを譲りたい」といった要望にも対応することができます。

反対に、処分すべきものは既定のルールにしたがって処分したり、第三者に譲り渡すといった方法も可能となります。不用品はその場で遺品整理業者が廃棄の手続きを取りますので、依頼者やご遺族が一つ一つを分別する手間がかかりません。

遺品整理業者の多くはリサイクルやごみの処分に関して正しい知識や経験を持っており、近年では不用品の買取などを行っているところもあります。ごみの処分やリサイクルに関して自信がなくても、遺品整理業者を利用すれば正しく遺品を処分・保管することができます。

遺品整理を行う現場が二ヶ所以上であったり、部屋数が多い場合には、個人で処分を行うには膨大な時間や手間がかかります。しかし専門の知識を持つ作業員を動員すれば、家族のみで行うよりも効率的です。

遺品には大きな家財道具や家電製品などもあるため、生前から搬出するのは大変です。遺品整理業者の中には宅配などを請け負ってくれるところもありますので、遠方のご親戚などへの「形見分け」なども可能となっています。