HOME » 騙されないための遺品整理ガイド » 優良な遺品整理業者の選び方

優良な遺品整理業者の選び方

遺品整理業者を選ぶ際はサービスの品質に着目

遺品整理業者の選び方の説明イメージ

贔屓にしている遺品整理業者がいるなどという話しは滅多に聞きませんし、そもそも遺族として故人の身辺整理に関わった経験を持つヒトも多数を占めるわけでもなく、いざ自分が遺品整理を取り仕切る立場となった時、どんな専門業者に依頼するのが正解か、具体的なイメージも湧かないでしょう。

また、複数の遺品整理業者を比較するとして、公式サイトや見積もりを見ても、遺品整理の経験や知識がなければ、サービス内容がどう違うのかわからず、せいぜい金額が安い方を選ぶといったことになりがちです。

そこで、遺品整理は初めてでもできるだけ優良な遺品整理業者を見つけるためのわかりやすいポイントを紹介しています。

1)遺品整理作業に関連する許可証を取得しているか

遺品整理自体に法的な資格や免許があるわけではないのですが、業務を適切に行うことができる業者の目安として、以下のような許可証の有無を確認するといいでしょう。

  • 社団法人遺品整理士認定協会の認定資格所有者が在籍している
  • 一般家庭の不用品を処分するための一般廃棄物収集運搬許可証を取得している
  • 遺品の買取・引取をするための古物商許可証を取得している
  • 企業の不用品を処分するための産業廃棄物収集運搬許可を取得している

2)料金や見積もりの詳細が明確であるか

遺品整理サービスの料金は、業者による違いがあり簡単に比較することはできませんが、明朗会計な業者なら内訳が細かく設定されており、事後に追加費用を請求することはありません

公式サイトの参考価格は「2LDKで140,000円~」などと概算になっていたとしても、見積もりはクリアで、料金に含まれる項目とオプションとなる項目がきちんと分けられていることをチェックしてください。

3)顧客対応が誠実でサービス品質が高い

遺品整理と引っ越しは、私物の整理・移送という意味で共通点もありますが、一番の違いは依頼する側の心身状態にあります。遺品整理は、大切な方を亡くした遺族が依頼者となるのが一般的で、優良業者なら言葉遣いや遺品の取り扱いなどに丁寧さが表れます。

故人の大切な思い出の品々を扱うことになるので、単なる不用品処分とは違う誠実な対応をしてもらうためにも、電話やメールの問い合わせ対応などからサービス品質を見極めましょう