HOME » 騙されないための遺品整理ガイド » 遺品整理はどの程度遠方でも対応してもらえるの?

遺品整理はどの程度遠方でも対応してもらえるの?

遺品整理のサービスは、遠方にお住まいで立ち会いや付き添いができない、現場に駆けつけられないといった方にも対応しています。

基本的に遺品整理は事業所から近距離を中心とした作業となりますが、業者の対応可能な範囲にあれば、立ち会い一切不要で作業を進めてもらうことが可能です。ただし、各遺品整理業者によって対応可能な範囲は異なりますので、事前に問い合わせが必要です。

遠方でも遺品整理が可能な業者については、「立ち会い不要」などとホームページなどに記載がされています。電話やメールで遺品整理について申し込みを行う際、遠方なので立ち会いができませんという旨を伝えれば、そのまま対応を進めてもらえます。

問い合わせの際には、遺品整理をしたい物件や建物のある場所の住所、遺品の状況、申し込み者の連絡先、その他必要事項を連絡し、見積もりを取るための日時を決定します。

見積もりの当日にも現地に来られないという場合には、所在地のカギをお持ちの方は遺品整理業者に郵送などをして、現地に行って見積もりを取ってもらいます。

こうして見積もりを取ってもらった後、金額を記載した「見積書」がメールまたは郵送で申し込み者に送付されます。見積もり内容に納得できた場合には、電話などで具体的な作業日時やスケジュールに関しての相談に移ります。

立ち会いを伴わない遺品整理では、整理中の様子を写真撮影したものや、遺品のリストなどが必要に応じて送付されます。また業者によっては、作業中にご遺族へ連絡することも可能です。このようにして、現地に行くことなく連絡のみでの対応が可能となっています。

ただし、すべての遺品整理業者が対応可能というわけではなく、ケースバイケースといった状況も多々あります。作業が難航し、写真撮影ができないといった場合もあるため、事前にしっかりと当日の流れを確認しておくことが大切です。

また、遠方から作業依頼を行う場合には、業者に出張費を支払う必要もあります。事業所から1時間以上の移動時間を要する場所を「遠方」とするケースや、高速道路の移動にかかる費用、ガソリン代などを集計して出張費とするところなどさまざまです。

なかには出張費と作業費を込みで見積もりを出してくれるところもありますので、何にどれだけの費用がかかるかをチェックするようにしましょう。

日本全国に多々ある遺品整理業者の中には、近距離のみとしているところもあれば、可能な限り出張可能とするところもあります。

離島や奥地などの場合はそれぞれの業者に確認を取らなければなりませんが、車で1時間の距離など、比較的近い場所にある場合には、多くの業者が対応を可能としているようです。

当日に作業が完了した後は、現場の写真を撮って遺品のリストを作成し、ご遺族に中身の確認を取ってもらいます。必要に応じて残すものと残さないものを選り分け、業者に廃棄を依頼します。後日、見積書の内容にしたがって料金を支払い、一連の流れはすべて完了となります。

立ち会いをせずに遺品整理を依頼する場合には、遺品の中に含まれる貴重品や金品、資産価値を持つものなどは基本的に引き取りを行うようにします。遺品整理業者で保管のできるものは極力保管をしますが、事前に「これとこれは残してほしい」と要望を伝えておくととてもスムーズです。

また、業者によっては移動の手間や手段がなく、遺品整理に赴けないケースもあります。

日本全国どこへでも可能としていても、離島など日数のかかるような場所については、やはりケースバイケースとなります。各業者によって判断基準は異なりますので、できるかぎり多くの遺品整理業者をあたるようにすると確実です。