HOME » 騙されないための遺品整理ガイド » 悪徳業者の見分け方

悪徳業者の見分け方

トラブルからわかる詐欺まがいの遺品整理業者の傾向

遺品整理業者に限らず、どの業界にも悪徳業者は一定レベル存在します。特に遺品整理というサービスは、同じヒトが頻繁にリピート利用する種類のものではないため、初めて依頼する際に業者の本質を見抜くのは容易ではありません。

遺品整理に関する業者とのトラブルで多いのは、以下のようなケースです。

  • 見積もりが明確ではなく事後に追加費用を請求された
  • 先払いで費用を要求され、その後連絡がとれなくなった
  • 処分を依頼した遺品を不法投棄された
  • 遺品のお焚き上げ供養をせずに処分された
  • 遺品を仕分けせずにすべて不用品処分された
  • 遺品の取り扱いが雑で形見分けの品が損傷した

そう、ポイントとなるのは費用、遺品の取り扱い、事後の処分といった3つが大半で、こうしたトラブルに遭わないためにも遺品整理業者の見分け方を知っておく必要があります。

詐欺的な遺品整理業者を回避するためのチェックポイント

詐欺まがいの遺品整理業者に依頼をしないためにも、公式サイトからわかる情報や、問い合わせや見積もりのやりとりからわかる応対などで、何をチェックすべきかを紹介しておきます。

地元密着型で歴史のある企業は比較的信頼できる

遺品整理や葬儀は地域での評判が事業に大きく影響するので、地元で長年の実績を残している業者ならある程度信頼してもいいでしょう。反対に、会社の所在地や連絡先などがきちんとしていない業者は避けてください。

遺品整理士資格や各種許可証を取得していれば安心

必須資格ではないものの遺品整理士資格所有者がいる業者や、一般廃棄物収集運搬許可証古物商許可証など遺品整理に必要となる許可証を持っている業者かを確認しましょう。こうした資格や許可などを一切持っていない業者だと、やはり不安といわざるを得ません。

現地調査して見積もり提示する業者は真っ当

遺品整理業者の中にはメールや電話だけで見積もり金額を提示するところがあります。参考価格ならまだしも、真っ当な業者なら現地を見て汚損状況搬出経路を確認しないと正確な見積もりは出しません。安価な見積もりで即依頼してしまうと、後で不当な請求を受けることもあるので、注意してください。

依頼は契約書を締結、料金は後払いが基本

遺品整理サービスは業務としてデリケートな面もあるので、きちんとした業者は契約書を用意していて、依頼は書面での確認を経た上で行います。また、料金は後払いであり、先に入金を急かすような業者は絶対に避けてください。