HOME » 騙されないための遺品整理ガイド » 遺品整理後買取を行ってもらう事は可能?

遺品整理後買取を行ってもらう事は可能?

こちらでは、遺品整理をした後に買取をしてもらうのは可能かどうか、ご紹介します。

遺品整理で買取って?

遺品整理というと、いらないものは処分して、必要なごくわずかなものだけ受け取る、そんなイメージがありますよね。

でも、実際はそうではない可能性もあります。故人が大切にしていた遺品の中には、お宝が眠っているかもしれません。実際に遺品整理を開始してみると、買取してもらえそうだなと思うものが意外とあります。故人が何かこだわって集めていたものや、こだわっていたことがある場合は、買取してもらえる品物がある確率が高いです。

それを大事に所持しておくこともできますが、やはり保管する場所の問題や、遺産相続の問題などもあって、難しいこともあるでしょう。また、価値があるかどうかはっきりわからないものを、買取専門業者に見せるのは勇気がいりますよね。もしも価値がなかったらどうしようと思うものです。そんな時に、整理してもらうのと同時に買取までしてもらえれば楽ではないでしょうか。遺品整理のついでに買取が依頼できるといいですね。

遺品整理業者に買取をしてもらうことのメリットとは

遺品整理業者に買取をしてもらうメリットは、やはり楽に買取してもらえる、というところです。遺品整理で価値がありそうなものを仕分けしてもらって、その後また買取業者に持ち込まなくてはいけないとなると、結構手間がかかります。一度に整理も買取もしてもらえるほうが助かりますよね。買取業者にもっていくまで保管しておく場所もないとなると、整理と買取を別々に依頼するのはとても大変です。

また、買取に関しては、遺品整理でかかった費用から買取の費用を引いて清算する、ということもできます。遺品整理の買取額が安くなることもありますし、場合によってはお金を受け取れるかもしれません。遺品整理の費用が少しでも安くなれば…という気持ちで買取をしてもらってはどうでしょうか。

遺品整理業者に買取をしてもらうことのデメリットとは?

遺品整理業者に買取をしてもらう際に起こる可能性があるデメリットは、買取専門店ではない、ということです。遺品整理業者は、買取もできるとはいえ専門ではありません。骨董品だけを専門としている、切手だけを専門としている、いろいろな買取専門業者があります。そういうところに持ち込む場合と、遺品整理業者に買い取ってもらう場合では、金額が異なることも多いです。やはり詳しく査定をしてもらったほうが、高値がつくこともあります。

とにかく高くと考えるなら遺品整理業者での買取ではなく、専門業者を利用しましょう。

遺品整理業者の買取で気をつけること

買取には、古物商許可証が必要です。買取をした後に、使えるものはまた市場へ出す、そのためには必要な資格ですね。リサイクル業者なども所持しています。もしも許可証を持っていない場合、買取ができない業者ということです。買取ができますと言われても、資格がない業者には買取してもらわないようにしましょう。

もしも可能なら、遺品査定士、遺品整理士という資格もあるかどうか確認しましょう。遺品査定士は、遺品の査定や買取を得意としている、という証拠です。査定士が専門ではない分野のものは専門家に依頼して適正な価格で依頼できるようにと配慮してくれます。