HOME » 騙されないための遺品整理ガイド

騙されないための遺品整理ガイド

優良・悪徳業者の違いやよくあるトラブルなど遺品整理の注意事項

このカテゴリーでは、業者選びのポイントや不用品処分の現実、トラブル事例など遺品整理に関する必須知識や役立ち情報を集めてみました。詳細ページは以下の4つのテーマに分けてあります。まずはそれぞれの概要をご覧ください。

優良な遺品整理業者の選び方

遺品整理の優良業者を見分けるために、以下3つのポイントを満たしているかチェックしましょう。

  • 業務に関連する許可証を取得しているか
  • 料金や見積もりに関する詳細が明確か
  • 顧客対応やサービスのクオリティが高いか

ページ内では、より詳しい内容について触れています。上記をしっかりと見極める力を身に付けて、素敵な業者を見つけましょう。

悪徳業者の見分け方

遺品整理の悪徳業者はどんな傾向があるのでしょうか。実際に起こったトラブルで、特に多いケースを紹介します。

また、そういった業者に依頼しないためにはどんな点に注意すればよいのか。公式サイトからでもわかる情報、対応からわかるチェックポイントをすべてお教えします。しっかりと把握しておきましょう。

知っておきたい不用品処分の現実

遺品整理に限らず、ゴミに関連する問題は社会全体でも大きな課題となっています。遺品整理では、大量の不用品処分を伴うことが多いので、それらの最終処分がどうなるのか、遺族としてもきちんと認識をしておく必要があります。

特に、廃家電や粗大ゴミの処分には費用がかかるもので、家庭ゴミを処分できる業者の許可証なども含めて、不用品処分の現状について解説します。

遺品整理のトラブル事例

高額請求や不法投棄、貴重品の無断回収など遺品整理に伴うトラブルは少なからずあります。そうしたトラブルの代表的な事例を踏まえつつ、悪徳業者の手口に引っかからないための注意点を説明しています。

遺品整理をお願いする際の注意点まとめ

遺品整理の際、専門の遺品整理業者に依頼をすることになりますが、依頼の前に故人の遺言書があるかどうかを確認し、ある場合は依頼時に持参するようにします。次に、依頼を行う業者を複数選択し、相談をして見積もりを取ってもらいましょう。手数料や出張料などがかからないよう、故人の家の近くの業者を探しておくと安心です。

見積もりを取ってもらったら費用や作業内容を確認し、現場の下見にもできるだけ同行して、信頼のできる業者かどうか判断をするようにしましょう。

自分で遺品整理する際のコツ

遺品整理を自分で行うためには、捨てるもの・捨てないもの・捨てるか残すか迷っているものの3つの箱を用意し、それぞれに仕分けをしていきます。遺品整理をしながら断捨離も行う場合は、残すものなどは考えずに捨てられるものからどんどん捨てていきますが、反対に遺品のリサイクルや売却、コレクション品の扱いを考える際には、あらかじめ複数の買取業者をピックアップしておく必要があります。また、遺品整理は膨大な時間がかかる可能性もあるため、基本的に心の整理がついてから行うようにしましょう。

 

遺品整理の際の同意書について

遺品整理に際して、専門の遺品整理業者に作業を依頼する場合には、専用の同意書が必要になります。同意書は、故人の身内など親族の了解を得て業者が作業を進めるために必要なもので、同意書なくして勝手に作業を行うことはできません。また、同意書には相続人全員のサインや印鑑も必要であり、あらかじめ親族間や相続人間で同意を形成しておく必要があります。また、同意書と同時に契約書についても必要な書類となりますので、こちらも前もって準備しておくようにしましょう。

遺品整理はどの程度遠方でも対応してもらえるの?

遺品整理は業者によっては遠方まで出張して対応することが可能です。ただし、遠方といっても事業所から1時間以内、もしくは離島などが含まれるケースもあり、業者によって対応可能な範囲は異なります。遠方から作業依頼を申し込む場合は、作業代金とは別に出張費が加算される場合もありますので、事前にしっかりと話し合いをされておくことをおすすめします。ご遺族が何らかの理由で現場に立ち会いができなくても、遺品整理を行う物件のカギを業者に郵送することで見積もりから作業までを請け負ってもらうこともできます。

遺品整理の流れ

遺品整理の流れについては、依頼者やそのご家族などが業者に申し込みを行い、対応可能なエリアかどうかを詳細に確認し、見積もりをはじめに行います。見積もりの価格に納得できれば、実際の作業に移ります。その際、事前に遺族が残した荷物に関する状況や現場の地理的条件なども伝えておくとスムーズに作業が進みます。遺品整理の際には清掃など、追加作業が発生するケースもありますので、事前にしっかりと確認しておくことがスムーズに作業を進めるうえでのポイントとなります。

遺品整理は生前予約でも対応してもらえるの?

遺品整理業者によっては、生前から依頼者の死後の遺品整理を依頼することが可能です。予約申し込みを行い、現地の荷物の見積もりを行って、リサイクルが必要なものやご遺族に渡すものなどを選り分けていきます。必要に応じて「覚書」を作成し、見積書とともに保管して、死後にご遺族が閲覧できる状態に整えます。生前から遺品整理の予約を行うことは、依頼者が亡くなってからの遺品整理に手間がかからず、遺族にとっても遺品整理がスムーズに終えられる点がメリットとなります。

急な遺品整理はお願いできるの?

遺品整理は当日という急なスケジュールでも、対応してくれる業者があります。思い立ったその日に依頼できるから便利で利用しやすいですね。遺品整理を当日依頼する場合の費用や、気を付けておきたいことを知っておきましょう。

遺品整理の作業時間はどのくらい?

遺品整理は基本的に当日1日作業になります。部屋の大きさや荷物の量にもよりますが、2時間ぐらいで完了する場合も。しかし、状態や状況、部屋の大きさによっては1日丸ごとかかったり、数日かかる可能性もあります。作業にかかる時間や、数日かかってしまうケースを確認しておきましょう。

遺品整理後買取を行ってもらう事は可能?

遺品整理は多くを処分する作業になりますが、その中で買取してもらえそうなものがあれば、遺品整理とともに買取してもらうこともできます。処分と同時に買取してもらえるので、依頼する側としても楽ですよね。買取してもらえれば、処分費の負担も和らぎます。